花粉症とカラコンの関係!トラブルリスクと対処法

花粉症とカラコンの関係!トラブルのリスクと対処法

花粉症!!



目のトラブルを抱える人も多いですが、カラコンをしてる人は目のトラブルが起きるリスクが高くなるので、注意が必要です。

カラコンを着用していると、更に目のトラブルが起きやすいのも事実です。

花粉が多い時期は、メガネにかえるのが無難ですが、カラコンはやっぱりしたい!


カラコンをつけるとどの様なリスクが伴うのか?

花粉症の人がカラコンを使っていると・・・

>> 目がゴロゴロ
>> 目のかゆみ、充血
>> コンタクトがずれやすい
>> メヤニでレンズがくもる

などの症状が出てきます。


また、曇ったり、目のかゆみ、乾燥、ずれ、レンズが外れてしまったりします。


カラコンには、花粉が吸着し悪化しやすいと言われています。

そして、カラコンを装用していると涙による洗浄効果が低下し、アレルギーの元となる花粉が目の中に停滞しやすくなります。



一番いいのは花粉が多く飛んでいる時期はカラコンを中止にすることです。

が、カラコンを使用する場合は、装用時間を短くするか、毎日替えるワンデーをすることをおすすめします。

ワンデーにおける使い捨てタイプは毎日新しいレンズを使用することで、最初から汚れを目の中に入れてしまうリスクを避けられます。


1日分の花粉が吸収や付着したレンズを使用後に捨てて、新たにつけることができる。

そして、カラコンの使用時間をできるだけ短くすることです。

そうすることで、リスクが減らすことができます。


たのしいカラコン生活を送りましょう!