瞳からも紫外線で美容に悪影響!カラコンUVカットが有効?

瞳からも紫外線で美容に悪影響!カラコンUVカットが有効?

UV対策は美容における美白を守る基本です!



紫外線は浴びる量が多すぎることに問題があり、一度沈着してしまったメラニン色素を薄くするのは至難の業です。

そいったことで、UV対策を怠ることはできません。

紫外線は、からだのスキがあれば、そこから入ってきます。

そのため、肌だけではなく、瞳からもその影響はあります。


オフィス街では、ビルや路面での反射によって、目はあらゆる角度から有害な紫外線を浴びています。

シミなどの肌の色素沈着の原因となる紫外線(UV)は、白内障などの眼病を引き起こす原因のひとつでもあります。

角膜に紫外線があたると、角膜が炎症を起こし、強い目の痛み、充血といった症状が出ることがあります。

紫外線が目に与える影響

通常、目に入る紫外線はその多くが角膜で吸収されています。



しかし、波長によっては目の奥の水晶体や網膜にまで達する場合があります。

これが水晶体や網膜のダメージとなって蓄積し、眼病や目の老化の促進につながる危険性があると指摘されています。

白内障などの原因ともいわれています。


目からの紫外線で肌が黒くなる



お肌のUVケアをしていても、目に紫外線が当たると、脳が「メラニンを作れ」という命令を出してお肌がシミ・そばかすで黒くなります。

目も紫外線から守ることが重要です。


紫外線が目の病気の原因に!



お肌の日焼けと同様、目も紫外線で炎症を起こします。

角膜や水晶体などの組織は、紫外線を吸収して目を守る働きをもっていますが、UV-B(※1)は「目が充血する」「まぶしい」「異物感がある」「涙が止まらない」「目があけられない」「目が乾燥する」などの原因にもなります。

また、強い紫外線は「白内障」の原因となります。

カラコンでお洒落をしながらUVカット

コンタクトレンズの中には、UVカット加工されたものもあります。

角膜を覆うレンズが、目への有害な紫外線をカット。

太陽の下では、お子さまには、つばの広い帽子とUVカット・コンタクトレンズの組み合わせ、大人にはUVカット・サングラスをプラスして紫外線対策。


UVカットのカラコンはこちら

LuMia(ルミア)



Re coco(リココ)



ReVIA(レヴィア) カラー ワンデー