個人輸入における韓国産のカラコンって安全で安心できる?

個人輸入における韓国産のカラコンって安全で安心できる?

韓国・中国の工場で作られたカラコンは安全ではないのでは?

昔のカラコンは粗悪なものばかり、出回っていたのですが、今ではとても厳しいようです。


高度管理医療機器の承認を受けて、国内に流通しているカラーコンタクトのほとんどが「韓国」「台湾」「中国」などの海外製です。

日本の通常の手続きを得て、承認になっているカラコンについては、高度医療機器承認番号が記載されています。


医薬品・医療機器等の有効性・安全性を確保するため、「薬事法」に基づき、製造から販売、市販後の安全対策まで一貫した規制を行っています。

おしゃれ用カラーコンタクトレンズの製造・輸入にあたっては厚生労働大臣の承認が、販売にあたっては都道府県知事の販売業の許可、販売管理者の設置が義務づけられます。


かなり厳しいルートを得て消費者の手元に行くわけですので危険なものは販売上出回らないルールになっています。

カラコンは正規店で購入すれば問題はありません。

日本のカラコンの技術は古く遅れているので、海外での生産の方が進歩が早いので安全なのです。


気をつけなければいけないのは 特に 「使い方」 なんです。

是非、ルールを守ってカラコンを楽しんでください!